50代から胸を大きくしたいと思って探している女性は多くいるのではないでしょうか?

50代からバストアップを目指すために、バストアップ方法で「50代バストアップサプリメント」「50代バストアップクリーム」「50代バストアップブラ・矯正下着」「50代バストアップエクササイズ」「50代バストアップ体操」などたくさんあります。

 

日々バストアップに取り組んで頑張っている女性は多くいますが「バストが全然大きくなっていない!」という声も多く聞きます。

効果がみられなく落ち込んでいる方も少なくありません。

 

逆効果のバストアップ方法に取り組んでいるかもしれません。

体質や生活習慣が不規則により効果が出難い場合も考えられます。

 

今回は、バストアップ効果につながる生活習慣についてと、バストアップの効果が期待できるバストアップ方法を紹介いたします。

 

美バストのメリットとは?

 

ところで、なぜ美バストになりたいのでしょうか?美バストになるとどんな良いことがあるのでしょうか?美バストのメリットを探ってみましょう。

美バストのメリット①若々しく見える

ふんわり柔らかい胸とハリのある胸を取り戻すことができると「若々しくみえる」。外出がおっくうだったのが、外出が楽しみになる。

美バストのメリット②どんな服も着こなせる

バストトップが高い位置をキープすることで「どんな服も着こなせる」。どんな服装も似合うようになると、ショッピングが楽しくなる。

美バストのメリット③自信に溢れてくる

バストがツンと上向きになると見た目も美しくなることで「自信に溢れてくる」。周りからは魅力的でいつも輝いている女性に見られる。

 

美バストになると楽しい事がたくさん待っています。美バストでいると生き生きといられるのでしたら、絶対バストアップに取り組んで、美バストを手に入れた方がいいですよね!

 

でもその前に、冒頭で申し上げましたように、せっかく正しいバストアップ方法を取り入れても不規則な生活環境によりバストアップ効果が出難い場合もあります。

次では、バストアップ効果につながる生活習慣についてを解説していきます。

 

バストアップ効果につながる生活習慣とは?

 

 

年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌量が減少すると、バストのハリや弾力がなくなることでバストが垂れる原因に。

また、女性のカラダはデリケートにできています。生活習慣の乱れやストレスなど、小さなことでもホルモンバランスが崩れてしまうとお肌のハリを失い垂れた胸になってしまいます。

 

規則正しい生活習慣を心掛けることが大切です。美バストをつくる習慣を身につけましょう。

バストアップ効果につながる生活習慣①ストレスをためない

バストアップ効果には女性ホルモンが深く関係しています。日頃の生活習慣の乱れは女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。

 

ストレスにも女性ホルモンは弱くホルモンバランスを崩してしまうため、家庭や仕事での悩みやカラダの疲労などストレスケアーを怠ると胸が垂れる原因になることも。

ストレスをためないように心掛けて、ホルモンバランスをキープしてバストアップ効果につなげましょう。

バストアップ効果につながる生活習慣②カラダを冷やさない

カラダが冷えることでも女性ホルモンの分泌が減少、バストの張りを支える乳腺は女性ホルモンの影響を大きく受け栄養が滞ると乳腺がしぼみますのでたるんだ胸になってしまいます。

適度な運動や入浴、温かい飲み物や食事で冷えないカラダ作りに心掛け日頃から血流を良くすることを心掛けて、バストアップ効果につなげましょう。

バストアップ効果につながる生活習慣③姿勢を良くする

猫背で姿勢が悪いと血行が悪くなり老廃物が溜まり胸に栄養が十分に行き届かなくなると胸のハリを失いたるむ原因につながります。

胸に栄養をきちんと届けるために日頃から姿勢を正しくすることを意識して、血流をよくしてバストアップ効果につなげましょう。

バストアップ効果につながる生活習慣④水分補給をまめに摂る

日頃気を付けたいのが水分補給です。カラダの水分量が不足するとお肌の潤いもなくなってしまいます。バストもハリを失い皮膚がたるみ垂れた胸になってしまうことに。

水分補給をまめに摂るようにすることと、お肌のスキンケアと同じようにデコルテ部分などにも化粧水やクリームをつけてケアすることをおすすめします。

バストアップ効果につながる生活習慣⑤和食中心の食事を栄養バランスよく摂る

和食中心の食事をおすすすめします。食事は栄養をバランス良く摂ることが大切です。洋食が一般的になり、どの年代の方も和食よりも洋食を口にすることが多くなっています。

和食は、健康のためにもバストにも良いとされています。和食中心への見直しもバストアップ効果につながります。

 

日頃の生活習慣で『ストレスをためない』『身体を冷やさない』『姿勢を良くする』を日頃意識することで血液の流れを良い状態に保ちましょう。

規則正しい生活を心掛けて『水分補給をまめに摂る』『和食中心の食事を栄養バランスよく摂る』ことがバストアップにつながります。

 

美バストになるバストアップ方法とは?

美バストになるバストアップ方法①質の良い睡眠でバストアップ効果

 

質の良い睡眠がバストアップにつながる理由

就寝中に分泌される成長ホルモンによってバストアップ効果が高まります。女性ホルモンのバランスを整えて、美肌や美しいカラダをつくってくれるのも成長ホルモンです。

 

成長ホルモンの分泌がピークになるのが『ゴールデンタイム(22時~深夜2時)』。最近では、入眠から1~3時間の間に成長ホルモンの分泌のピークと言われています。

その為、すぐ眼覚めないようにぐっすり眠れるような環境などを工夫されると良いでしょう。

 

バストアップ効果を期待して夜更かしを避けて入眠から1~3時間の間に良質な睡眠をとるように日頃心掛けでバストアップにつなげましょう。

 

起床は毎日同じ時間が理想的

就寝が遅くなった時間、翌朝の起床もその時間ずらして起きてしまうと、リズムが狂うことになり睡眠の質が下がりますので逆効果になります。

毎日同じ時間に起きることで、眠る時間帯になると自然に眠くなることが望ましく、就寝時間帯は一定にすることで睡眠のリズムが整い質の良い睡眠につながります。

 

湯船でカラダをポカポカに温めてから寝ましょう

カラダは体温が下がると眠気を感じます。体温を下げる時カラダの熱を体外に放出するはたらきをします。手足が温かくなると眠気を感じた事よくありますよね。

 

湯船に入ってカラダをポカポカに温めると、寝る頃にちょうど体温が下がり眠くなり就寝できることが、質の良い睡眠につながります。湯船にゆっくりつかりましょう。

また、湯船でカラダを温めると血流も良くなりバストアップ効果につながります。シャワー派の方も湯船につかる習慣をおすすめします。

 

就寝中も温かくしましょう

就寝中の寝冷えには要注意!睡眠の質を下げてしまいます。カラダが冷えると血流が滞りホルモン分泌も滞ってしまいバストアップの効果を下げてしまいます。

就寝時のナイトウエアとお布団を調整してカラダを温かくして睡眠の質を良くしてバストアップ効果につなげましょう。

 

美バストになるバストアップ方法②カラダに合うブラジャーをつける

 

カラダに合うブラジャーをつけることが大切な理由

合わないブラジャーの着用で揺れや浮きなどでクーパー靭帯が伸びたり傷めることにつながるため、日頃着用しているブラジャーのサイズがとても重要です。

 

小さいブラジャーを着用すると胸が圧迫され老廃物がたまることになり、血行が悪くなると栄養の供給も滞るためハリがなくなりバストの垂れが加速する要因に。

また、大きいサイズのブラジャーを着用するとバストがあちこち動き流れてしまい、クーパー靭帯が伸びる原因になり胸のカタチの崩れや垂れてしまう結果に。

 

カラダに合うブラジャーをきちんと着用することで胸を守り、胸のサイズもワンサイズアップすると言われています。

バストの形を整えてバストトップの位置も高くなり、何よりも見た目が美しくなります。

 

『リフトアップ美胸ブラ』公式サイトはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  

フロントホックで谷間メイク、リフトアップ美胸ブラ

ブラジャーの買い替えタイミング

同じブラジャーを長年着用していませんか?年齢とともにバストの柔らかさや形も少しずつ変わっています。ブラジャーをつけてみて次のようなことが当てはまる時はブラジャーの買い替えサインです。

  • 腕をブルブル降ると、ブラジャーから脇のお肉がはみ出てくる
  • カラダを動かしたり左右にひねると、胸からブラジャーが浮いている
  • 両腕を上げると、ブラジャーがずれて上がってくる
  • お辞儀すると、ブラジャーの後ろのアンダーが上がってくる
  • 肩を回すと、ブラジャーの肩ヒモが落ちてくる

 

また、上記のカラダに合わなくなる前に、ブラジャーが劣化した時も買い替えのサイトです。お持ちのブラジャーをチェックしてみましょう。

  • 生地が全体的に伸びている
  • ゴムやメッシュ部分が薄くなっている
  • ワイヤーが曲がり変形している
  • カップ部分が変形してへこんだりしわしわになっている

 

ブラジャー選びに採寸と試着は必須

カラダに合うブラジャーを購入するには、バストの採寸が必須です。正確なバストサイズを知るために、ショップのプロの店員さんに採寸してもらいましょう。

 

同じサイズでもデザインによってピッタリ合うものと、合わないものもあります。サイズだけで選ばず、サイズとデザインと機能を重視して選び、必ず試着しましょう。

店員さんとよく相談して入念に試着をして、カラダに合うブラジャーを購入することをおすすめします。

 

ブラジャーのつけ方
  1. 肩ひもを両腕から通して前かがみになります
  2. バージスラインをワイヤーに合わせて、前かがみの姿勢のままでホックを留めます
  3. 前かがみの姿勢のまま、右手(左手)で左側(右側)のバスト全体と脇のお肉を寄せ集めて優しく持ち上げてカップに入れます
  4. カラダを起こして、肩ひもと肩の間を指が1本スーッとスムーズに通るくらいが良い肩ひもの長さ調整になります
  5. アンダーの位置が背中の後ろにかけて平行にまっすぐになっているか鏡でチェックしましょう

ブラジャーをきちんと正しくつけることでバストの形の崩れを防ぐことができ、バストの形を整えるために有効的で、美バストにつながります。

 

美バストになるバストアップ方法③ツボを押してバストアップ

 

ツボ押しするとバストアップが期待できる理由

バストが大きくなるには、バストの脂肪を増やすことです。バストは9割の脂肪と、1割の乳腺で形成されています。脂肪を増やすには乳腺を増やすことが必要になります。

乳腺は女性ホルモンのエストロゲンの発達に関係していますので、乳腺の増加はエストロゲンを多く分泌することが効果的と言えます。

 

血液やリンパによってエストロゲンは運ばれますので、その通り道の血管やリンパ管の流れを良くしておく事が大切です。ツボの刺激で血管やリンパ管の流れをスムーズにします。

ツボを刺激することで血液やリンパの流れが良くなり、血行や代謝も良くなり、エストロゲンがスムーズに運ばれることでバストアップが期待できる理由です。

 

ツボの刺激の方法は「指圧」「鍼(はり)」です。指圧は自分ひとりで簡単できるところがメリットです。それではバストアップに効果的な8つのツボを紹介していきます。

 

バストアップに効果的な8つのツボ

ツボを、息を吐きながら親指で3秒間で押し、息を吸いながら3秒間で離します。3~5回繰り返しましょう。

※力の入れ過ぎには注意しましょう。

  1. だん中(だんちゅう)・左右胸の乳首を結んだラインの真ん中にあるツボ
  2. 神封(しんぽう)・・・谷間から少し乳首側、だん中より下、谷間から指を滑らせ凹んだ辺りにあるツボ
  3. 乳根(にゅうこん)・・左右の乳頭より指2本くらい下、第5肋骨と第6肋骨の間にあるツボ
  4. 天溪(てんけい)・・・乳首から結んだラインの外側で、乳房の脇の部分で骨と骨の間にあるツボ
  5. 渕腋(えんえき)・・・乳首から外側に約10㎝、脇の下から少し前にあるツボ
  6. 屋翳(おくえい)・・・乳首から真上に10㎝くらいにあるツボ
  7. 膺窓(ようそう)・・・屋翳のツボのさらに上で、乳首と鎖骨の中間にあるツボ
  8. 中府(ちゅうふ)・・・鎖骨の外側の下のくぼみから指1本分下にあるツボ

 

ツボ押しは入浴中か入浴後が効果的

カラダが冷えているときツボ押しを行うのはおすすめしません。

ツボ押しをするタイミングは、入浴中か入浴後がおすすめです。血行が良い状態のとき行うのがもっともバストアップ効果が高まります。

 

美バストになるバストアップ方法④大胸筋を鍛えてバストアップ

 

年齢を重ねるとともに筋肉も衰えがちになるため大胸筋というバストの土台となっている筋肉も衰退してくることで胸が垂れる原因のひとつでもあります。

大胸筋を鍛えると筋肉が増えて血流が良くなり栄養が胸にいきわたりバストにハリと弾力が期待できます。

 

胸の垂れ防止に大胸筋を鍛えることで高いバスト位置をキープすることも期待して筋トレしている女性も多いようです。

大胸筋を鍛える【腕立て伏せ】

腕は肩幅よりやや広めに手を床につけて、膝は床に立てる

 (難しい場合は、立った状態で壁を使って腕立て伏せを行っても良いでしょう)

呼吸を止めないようして腕立て伏せしましょう

きつくない回数で、大胸筋に力が入っているイメージで行いましょう

※負担をかけすぎない程度の回数を行いましょう

胸筋の筋トレがハード過ぎると脂肪が燃焼されて大切なバストの脂肪も燃焼されてしまい胸が小さく痩せ垂れてしまいます。やりすぎないように注意しましょう。

 

美バストになるバストアップ方法⑥簡単エクササイズでバストアップ

 

エクササイズで胸のハリや弾力をキープし、大胸筋を鍛えることで胸の垂れや横に流れたりしないように努力することで効果が期待できます。

女性らしい魅力的なスタイルをキープしたい女性におすすめです。実践してみましょう。

 

肩甲骨や肩こりにより血液循環が滞ると大胸筋という胸の土台となる筋肉も衰えると胸が垂れる原因。肩甲骨エクササイズで血の巡りを良くして、大胸筋を鍛えることでバスト位置を保つことに有効的です。

 

今日からはじめられる気軽に簡単にできる『肩甲骨エクササイズ』『大胸筋を鍛えるエクササイズ』を紹介します。エクササイズする時は身体が冷えていると筋肉を傷めてしまいますので、入浴中や入浴後のエクササイズがもっとも効果的です。

肩甲骨ほぐし①【肩甲骨エクササイズ】

右手は右肩に手をのせて、左手は左肩に手をのせます

肩の力を抜いてしっかり呼吸をしながら、肘で円を描くように大きく回します

前回し10回、後ろ回し10回、肩甲骨もしっかり動かしましょう

※無理のない範囲の回数を行いましょう

 

肩甲骨ほぐし②【肩甲骨エクササイズ】

腕を後ろでしっかり組みます、腕は「く」の字

そのまま手を下に降ろして肘を伸ばしていきます

しっかり呼吸をしながら左右の肩甲骨を寄せ合うように行いましょう

腕を「く」の字に戻します

①~④の動作を5回繰り返します 

※無理のない範囲の回数を行いましょう

 

大胸筋を鍛える【合掌ポーズエクササイズ】

姿勢を伸ばして胸の前で手を合わせ合掌ポーズ 肘は真横に開くようにします

手の付け根を左右均等の力で押し合う 息を吐きながら、10秒押し合います

大胸筋に力が入っているイメージで行いましょう

指先を下に向けて①~③同じように

①~③の次に合わせている手を右(左)にずらして息を吐きながら、10秒押し合います

※無理のない範囲の回数を行いましょう。

簡単エクササイズです。ぜひ試してみてください♡

 

美バストになるバストアップ方法⑦DVDの動きをそのままマネするリンパマッサージ

 

ボディスタイリストとしてリンパトリートメントを世の中に広めた第⼀⼈者で、⽇本ボディスタイリス ト協会理事⻑でもある⼤澤美樹先生監督の最新作『HIRAKU UP(ヒラクアップ)』。

そのバストアップ効果が話題となり多くのメディアで取り上げられています。

 

これまでに、約39,000人の女性のバストアップを実現してきた人気のバストアッププログラムのDVD『HIRAKU UP(ヒラクアップ)』。

自宅でDVDの動きをそのままマネするだけですのでバストアッププログラムを初めて取り組む方でも無理のない内容になっていますので安心です。

 

今までいろいろなバストアップ方法にチャレンジして、バストアップサプリメントを試したり、補正下着を試したり、いろいろ試しても結果につながらなかった方におすすめです。

『HIRAKU UP(ヒラクアップ)』に取り組んでいる女性は無駄な努力をすることなくバストアップに成功しています。実践者の声と実践後の画像も公式サイトで確認できます。

 

50代から胸が大きくなった女性が試したバストアップ方法『HIRAKU UP(ヒラクアップ)』公式サイトはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)

 

まとめ

 

いかがでしたか。今回は、バストアップ効果につながる生活習慣についてと、バストアップの効果が期待できるバストアップ方法を紹介してきました。

紹介した方法は、即効性はありませんが継続することでバストアップに成功されている方も多くいます。諦めないで続けることが大切なポイントです。

 

美バストになると楽しい事がたくさん待っています。美バストでいると生き生きといられるのですから、バストケアを継続して美バストを手に入れましょう。

日頃の生活習慣を良い状態にすることと、美バストになるバストアップ方法を生活に取り入れて、何歳になっても美しいバストをキープして若々しく魅力的な女性を目指しましょう。

 

ちょっと頑張ることであなたの胸は理想の美胸になりますよ。バストアップ応援してます♡

 

 

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

 


バストアップランキング

 

◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)